新井の商売相談の特長、その1

「もっと売れるようになる」のはプロなので当たり前です

それ、出来ないのなら、プロは名乗れませんよね。基本的には業種関係なくずっとやってきています。

 

そもそも、新井の本来の専門は「販売促進」「販売企画」です。

つまり、「もっと売るためにはどうしたらいいか?」を、もう20年以上も追究し続けている人間です。

 

これね、成功者からの助言とかとは根底から違うのですよ。(それが悪いとかじゃなくてね)

自分がうまくいった方法を教えるだけの方とは違い、

 

「あなた」にピッタリ合った「今、どうしたらいいか?」をいくらでも考え出せる仕事なのです。

ですので、生み出せる繁盛への道は、その人それぞれで違いますし、

 

「その都度」状況や時期などに合わせて変化したりしますし、いくらでも考え出せるのがたぶん他ではなかなかない強みです。

例えば、顧問先さんの声として・・・

 

●営業広告宣伝一切しなくても、新規のお客さんが絶えない。

最初に関わって頂いた翌日から数字が跳ね上がり、半年以内でキャパに到達、以来ずっと好調が続くことに。

 

 

<新井より:翌日からってのは大げさに聞こえるかもしれませんが、会って話して意識が変わったら普通によくある話です。ぜひ好影響受けてくださいね!

それに、好調が続くとありますが、好調状態がだんだん普通になり、さらなる好調状態を追い求めることができますよ!>

 

 

●特に営業をしている訳ではないのですが、お客様から声をかけて頂けるようになり、不思議とお客様が増えています。まさに新井マジックですね。

 

<新井より:「お願いします!仕事ください!」的な角度の営業は皆無になります。仕事が舞い込むイメージだから成約率もめちゃくちゃ高くなれます。

よく魔法掛けられたみたいと言っていただけますが、周囲全員良い状況になるのならずっとその魔法かかっとくのもいいですよね(笑)>

 

 

●新井さんにとって、お客さんに来てもらうことっていうのは、そんなに難しくないことなんでしょうね。

しかし、なんでそんなに次から次へと考えが出てくるのかな?って。

 

<新井より:プロだから手立てはいくらでも思いつきます。ただそれを実行する側の経営者さんが「今現在の思い込み」で「それで本当にうまくいくかどうか」を

勝手に考えるから「難しい」になるだけ。僕はすごくない、やれるかどうかよりやった後の未来を優先し、実際やる人がすごいのです。>

 

 

・・・という感じらしいです(笑)

 

もちろん、その商売の「それまでの経緯」によりますが、どのような状態からであれ、経営者さんのご協力があれば、いくらでも、どのようにでも、「もっと売れるように」というのは可能です。

 

ちなみにあれこれと流行っているような販売テクニック系は一切使いませんのでご安心くださいませ。

(テクニックなんかで売ろうとするから、いつまでもいつまでも「売れにくい状態」の根本解決ができないんですよ?)

 

「プロの技」は、人を欺くことなく、自分を大きく見せることもないので、あなたの良心が痛むことは一切ありません。

 

正々堂々、心が痛むことなく、違和感もなく、様々なお客さんのお役に立ちまくっている実感で、常にワクワクしながら、毎日仕事ができるようになります。

 

 

極端な話、お客さんに聞かれて困るような「会議、打ち合わせ」をしている時点で、表裏ある商売をやってますよね?・・・やってますよね?

そのままで、本当に心から楽しめます?

 

ところがね、新井が関わって、話す内容ってね・・・あなたのお客さんに聞かれて、まったく困らない内容ばかりで構成されています。

 

むしろ聞いていたら、お客さんがすごく喜んでくれる内容ばかりで、御社がもっと繁盛していくような「会議、打ち合わせ」になります。 

 

・・・まぁ、守秘義務があるから誰にも聞かせないけど、そういう角度の内容だけで今以上の繁盛できたら、超楽しいですよ!


新井の商売相談の特長、その2

様々な「問題」も、起こりにくくなっちゃいます

「もっと売れるようになるのは、当たり前」という大前提がちゃんとある上での副産物的な効果として、「様々な問題も起こりにくくなる」のです。 

 

え?副産物にしては大きくないか?って?

実は、この効果だけでも新井への依頼の費用対効果十分かと。(でもね、他にもまだ副産物いっぱいありますよ~)

 

「問題」にね(例えば、社員問題・お客さんとの問題・業者との問題などなど、大小関係なく)

起こってから悩んで対処・・・起こってから悩んで対処・・・そんなん繰り返してませんか?

それより、そもそも起こらないほうが良いですよね?

 

もちろん、問題が起こらないように先に、先にと、手を打つことをめちゃくちゃ頑張っている経営者さんもいらっしゃいますが・・・もっと売れるようになること」を疎かにして、そっちに取り掛かっている方が多い気がします。

 

違う違う、あくまでも、「もっと売れるようになることの、副産物」と言いましたね?そうじゃないと、会社儲かっていかないのに、問題起こらないようにって対策しているばかりになりますよね。

ただの臆病者じゃないですか、それ・・・はい、勘違いは今すぐやめちゃって、新井を呼んでください!

 

新井を呼んでくださるとね、例えば今、何か問題があれば、それが解決するようにしながら、同時に問題自体が起こらない体質に変えていくことまでも実現できるのです。

 

例えば、顧問先さんの声として・・・

 

若い女の子が多く、それなりに小さな問題を抱えることがありました。

その辺りを新井さんに相談してみたのですが、新井さんは私から話を聞くだけで、直接スタッフに何かをするような指示は一切ありませんでした。

「それは解決できますね」と言うだけで。

 

そして何度か訪問を受けているうちに、スタッフ問題って何?と思う感じで、スムーズに仕事が流れるようになっているのです。

「何で?」って尋ねると、「だから解決できるって言ったじゃないですか」って。

 

 

・・・これ、スタッフ問題の一例ですが、可能である場合は、「いつのまにか問題がなくなっていく」という手段を施します。

昔から中国に伝わる兵法三十六計「囲魏救趙」の応用です。

絡まった糸を解くときは、無理に引っ張らないほうが良い場合もありますから。

(僕、一応、経営者の軍師ですよ?兵法は知ってるだけじゃ無意味。現場で瞬時に応用できないとね。)

 

これね、「直接手を出さずに、いつのまにか問題がなくなっていく」ということが結構重要なんですね。

えっとね、ハッキリ言いますよ?

 

社長が(自力、または第三者に頼んだとしても)強引にスタッフ問題を抑えようとしたら、相手もね、人間なんですよ。だから、なーんかイヤラシクなりませんかね?

本当は「みんなが満足する」ようなことになるのがいいでしょ?

 

そもそもね、スタッフ問題ってのは、これがはっきりした原因・起因とか明確にある訳ではなく、様々なバランスの中の歪みから生まれてくるものなんです。

 

本当に、それをご理解されている上で、スタッフ問題を考えておられます?

 

スタッフ問題に限らず、商売をしていて遭遇する様々な・・・お客さんとの問題、関係業者との問題、近隣との問題、それこそ経営者さんの家族との問題も含め、その事業、その経営者、それぞれの微細な状況によって原因も対処も異なります。

 

でも、それらは、適切な「見抜く目(見立て)」があれば、なんとでもなるのです。

 

 

ちなみに、あなたがどれだけ優秀でも、どれだけ努力しても、当事者である限り、「盲点」というものは存在するのは、わかりますよね?

 

その盲点がある限りは、本当の根本解決はなかなかできるものではありません。

(臭いものにフタ、のケースがほとんど。もっと悪化して数か月、数年後に噴き出すことになりますよね。)

 

だからこそ、優秀な経営者さんほど、新井を使うのでしょうね。

その人に見えていない盲点を、見えるような話し方をしながら、同時に要らぬ盲点を消し去っていきますから。

 

そして、「起こりにくく」というのが大きなポイント。

問題が起こりにくい状態の仕事・営業などの円滑さ、素晴らしさは、体験してみないとわかりません。

 

ですので、とにかく恥ずかしがらずに、なんでも相談していただければ、大抵なんとかなります。

ここで余計なプライドは要りません。何せ、あなたの明るい未来のためだし、スタッフの未来のためだし、あなたのお客さんの未来のさらなる満足のためです。

 

もう一度言いますが、「頼むのは恥ずかしいな~」みたいな、余計なプライドは、要りますか?

もちろん、守秘義務があるので、秘密は守ります。

あなたからの話、また、あなたが依頼されていることは誰にも言いません。当たり前です、プロですから。

 

実際、あなたの周囲に新井に頼んでる人をご存じですか?

その人が自分で言っていない限り、知りませんよね?これが本当の守秘義務です。

僕は自分から「あー、あの人は僕のクライアントだよ」とかバカげたことは言いません。

(たまにいますよね、こういうコンサルタント。ちょっと引きます・・・。アホちゃうかと。)

 

僕は「あなたの味方」ですよ?そのスタンスは崩しません。

ですので、いろいろ、ご安心くださいね。


新井の商売相談の特長、その3

「不安」もどんどん少なくなっていきます

経営している方で、不安がない方、本当にいらっしゃいます?

 

単に強がって「大丈夫」っていう方は多いけど、それがどれだけ未来の不具合を招くことか。

僕がいったいどれだけの数の経営者の心理と深く向き合ってきたと思われます?

 

10年以上この仕事やってて、不調になってしまった方とどれだけ向き合ってきたと思います?

不調になる前、「いやいや、自分は大丈夫」って思ってた人、どれだけいらっしゃると思います?

 

・・・そういう訳で、ココも実はすごく重要な「もっと売れるようになることの副産物」なんです。

 

 

そもそも、「不安・恐怖」というものは、「よくわからない」から感じ、増幅していくものです。

つまりは、わかってしまったら、案外たいしたことがないことが多いものです。

 

オバケとかそうですよね?「ガタッ」という音に驚いても、音の正体が分かると急に怖さは消える。

 

経営者さんが不安になる時というのは、たいてい「先が分からない」「どうなるか分からない」ということで不安になっているはずです。

(これで不安にならない経営者っていないはず。なぜなら、自分では「盲点」になっているところだからです。・・・これ、ご存じでした?知らずに「私は大丈夫」でまだ突き進みますか?)

 

でも、新井と話していると、その不安がどんどん消えていきます。

 

なぜなら、経営者さんには「盲点」になっているところが(一応プロなので)見えますし、その解決策もその瞬間に(一応プロなので)必ず浮かぶので、それを踏まえた上で、いちいち「不安要素」を解明しながら話をするようにしています。

 

 

不安が少なくなると、今までゴチャゴチャしていた頭のまわりがスッキリします。

そうなれば、ものすごく「思考スペース」が拡がります。

(本人が思っている以上に、不安に思考が奪われていたことに気付けますよ!これすごくもったいない!時間と、本来増えたはずのお金が!←経営者でしょ?ここ見えてますよね?)

 

経営者というのは、そもそも仕事ができる人なのです。

そんな経営者の思考スペースが拡がるということは、仕事力のアップ、経営力のアップ、発想力のアップ・・・で、その先に待ってるのは?お分かりですよね?それだけでも、今よりは明らかに、確実に、繁盛する形に変わってくるのです。

 

え?大げさじゃないかって?いやいやいやいや、これでもかなり控えめに言ってますよ?

よーく想像してみてくださいね?

頭ゴチャゴチャしてないで思考スペースが拡がったら、思考スピードも上がりますよね?

 

つまり、経営者さんが「結果の出ること」への「決断」をね、どんどんできるようになるってことですよ?今まで「うーんうーん、むずかしいなー」言うてたことに対して。

 

こんなもん、今以上に繁盛するの、当たり前ですよ(笑)

(実際、これだけで売上上がるの、どれだけ見てきてるか・・・笑)

 

逆に言うと、このこと見えてない経営者さん、多すぎます。もったいないですよ?

あなたの優秀な能力の持ち腐れになってるってことですから。

 

今がどんなに結果出てたとしても、もっと上がるのに。

(言われてから気付いてるようでは、圧倒的に遅いです、これ。想像力、発想力の話ですよ?経営ってね、先回り、先回り、の思考・発想があるかでかなり変わるんですよ?前例踏襲思考はもう古いよ?

今すぐ変わったほうが、あなたの事業の未来は、もっともっと楽しくなりますよ!)

 

しつこいですが、「経営者の不安が少なくなる」というのは、渦中にいる当人(あなた)の想像以上の効果があるものです。

それは、たくさんたくさん見てきていますから、本当にオススメしてあげたいことです。

 

経営の不安は、少なくしたほうが、絶対に今以上に繁盛できます。

 

また、本人が気づいていない不安で動けなくなっているケースなどもあります。

むしろ、実はそちらのほうが多いくらいです。←つまり、大チャンスなんですけどね。

 

あの、言いにくい話ですが・・・これね「私は大丈夫」と思ってる人、全員持ってます(笑)

(まあ、人間みんなです。ですから、「以後の可能性を拡げたいか、そのままいくか」を決めるだけ)

 

ここを抱えたままでは、その事業が、いわゆる「覚醒」レベルまで成長することは不可能です。

つまりは、「今の延長線上(ちょっとずつちょっとずつ状態)」くらいしか伸びません。

 

それも、新井と話してくだされば、徐々に取り去っていくことができるので、あなたの視界、視野は、限りなく拡がり続けると思います。

(つまり、今の延長線上より、もっと上にピョーン、です。)

 

不安が少なくなる大事さを長々と話しましたが、「不安が多い経営者」と、「不安が少ない経営者」、どちらの「経営判断」のほうが正確であり、今後さらに繁盛できる形になるでしょう?・・・って、さすがに聞くまでもありませんね。

 

要するに、不安により「要らない時間」「要らない感情」に縛られているあなたと、そんなのから解放された身軽なあなた、どっちが実力が上か・・・という話です。

 

ここまで言っちゃえば、この大事さ、わかりますよね(笑)

 

何度も言いますが、こんなに大事なことも、「もっと売れるようになることの副産物」なんです。

で、副産物、まっだまだありますよ?楽しみでしょ?